FC2ブログ

雨ゴルフ対策

石井良介プロ
・良いカッパ購入。
・午前中と午後の2組のゴルフウエアもって行く。着替えは多めに。
手袋はかなり大げさかもしれないが18枚もって行く。1Hに1枚使用。
・滑りづらいグリップの活用。
・タオル多めに。
・グリップ部分を守る。傘の中にグリップいれる。こまめにグリップ拭く。
・カッパのポケットが水浸しになっている場合があるので注意。
・ロフトのあるクラブを使う。ランが出づらくなるから。石井プロは3W抜いている。UT増やす。
・雨のアプローチはダフリやチャックリが起こりやすいため、58度もって行かない。推進力のある5アプローチウエッジお薦め。
・ラフや芝生の水分量多くなるため、抵抗が強くなる。なので少し短く持って、抵抗に負けないシャープでコンパクトなスイング。素振りの際にどれくらい抵抗があるか確認大切。
・飛距離については自分のスイングが小さくなり、球が浮かなくなり、キャリーが落ちる。大体10yardくらい。20yardも大きくは落ちない。
・スイングリズムが早くなる理由は、「カッパを着てて動きづらくて、傘差して、早く終わらせたくなる」から。
石井プロはなるべく手先を使わずに、胴体使ってゆったり振っている。
・トップ目でもボールを拾ってくれるクラブが良い。ロフトあるもの。
・何より、いかにどう楽しむか?ゴルフくらいしか雨の日に遊ばない。石井プロはまだ学生の頃に父から「雨の日にゴルフしないということは、プロテストが雨なら受験をしないのか?」といわれたようだ。
・いかにこの状況でうまくやるにはどうすればいいのか?を楽しむ。自分のゴルフの幅を広げる。



ひぐけんプロ

・カッパの上は着ない。なので普通のウェアになるが、綿はNG。ナイロンok。

・とにかく大きめの番手を持つ。雨の抵抗。小雨ならそんなに。自分の体の動き具合や気温も考慮。

アマチュアは2番手あげてもいいくらい。

・キレではなくスイングアークの大きさでスイングする。絶対に速く振らない。遠心力で振る。普段よりも捻転する感じ。




菅原プロ

・そもそもスコアは出にくいが、それを受け入れる。こんなの無理、と思わない。いい意味で諦める。

・距離は出ない。

・フルショットでいつもと同じイメージはやめておく。思い通りの動きはできないと思っておく。なので番手をあげる。目いっぱい振らない。無理せずコントロールショットで十分。フルショットに捉われない!

・パーやバーディは相当難しいと認識しておく。自分で気持ちの糸をきらない。我慢に徹する。大崩れを防ぐ。

・欲しがりません、のゴルフ。



テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

さすらい

Author:さすらい
アラフォーアベレージゴルファー。現在クラブハンデ20。まずは1つ1つ確実にハンデを減らしていきます。シングルを目指して試行錯誤を繰り返しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR