FC2ブログ

第1回レッスン

体験レッスンを第0回として、入会した今日から第1回とした。

 



シミュレーターに向かって7鉄から打ち始める。


 


コーチは「いい感じですね」以外は特になにも言わず。


シミュレーターでは少し右に出て左へいく球がでる。


練習でプッシュアウトがたまに出ることを言うと、持ち球はドローだしそれは織り込み済みでokと言われた。



いまのテーマはトップでの左の掌屈であり、そのことを聞くと「できてますね」と頷いてくれた。




27度と6鉄で迷っていることを相談して、6鉄から打つ。まあまあ。




27度を打つ。これまた、まあまあ。



「6鉄でいいんじゃないですか?UTはラフで打ちやすいメリットはありますね」とアドバイス。



ただ、ここに対して自分はいまいちピンとこないので、やはり圧倒的に打ちやすくミスっても前に進む27度でいこうと思う。



次にフェアウェイウッドをみてもらう。



クリークを打つと、「ボールから離れて構えすぎです。もうあと1歩前へ」と言うので近づいて振るといい当たり。



フルスウィングはしない方が良くて、トップの位置は肩までにしてくれと言われた。

 


ウエッジのトップについて相談し、54度を打つ際にも「離れて立ってます。」と指摘され自分ではかなり近づいて立って打つと、ミスが全く出なかった。


シャンクしそうとびびると、これぐらいじゃそんなの出ませんよと一蹴された(笑


ウエッジもフルスウィングはしないようにと指摘された。




ボールと自分との距離が適正かどうかは、独学では気づきにくいのでは?



ドライバーを打つ。



「長いクラブになると相当起き上がってます。前傾した時のままでボールの行方を追ってください」とアドバイスを受け、しばらくはその注意点を守ってスウィングした。



クラブセッティングについて、ウッドを入れた方が良いか聞くと、いれといていいと。




ただ、ライはきちんと選ぶように、少しでも不安がよぎれば辞めるように助言頂いた。



残り190yardからウッドを振り回しても、乗る確率はプロでも低いようだ。



グリーンに近づける意識でいいと。



いまの課題は「トップでの掌屈」と「インパクト以降の前傾維持」の2つだけであり、他は考え方が良いようだ。



コーチは口数は少ない方で、人によっては物足りないかもしれない。



が、自分はこのスタイルが良さそう。



50分間でけっこうな値段がするので、質問できることはしまくろう!











テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

ショートホール対策に、あえて高めの10mmティーアップ

こどもを寝かしつけてから24時間営業の練習場へ。



ここはトップトレーサー付きで割高なのが難点であるが、その分飛距離を把握できるし夜中もやってて嫌いではない。



ここ最近のショートホールでおかしくなる現象を解決すべく、タイトルのようにあえてティーを高くしてフェースをそのボール面に合わすショットを練習してきた。



これがなかなか良い。



まず、ダフリのミスを考えなくて良い。



ミスが出ても左で一方向である。


ボール位置はボール半個右で。



この打ち方で定着してラウンドでいい感じに打てれば。




テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

さすらい

Author:さすらい
アラフォーアベレージゴルファー。現在クラブハンデ20。まずは1つ1つ確実にハンデを減らしていきます。シングルを目指して試行錯誤を繰り返しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR