FC2ブログ

ラウンドに必要な練習をする

ゴルフは特殊なスポーツで、練習と本番ラウンドの環境が違いすぎる。ほぼ同じと言っていいのは、ティーショットくらいではないだろうか?それでもティグラウンドに傾斜や風があり完璧に同じではない。

ラウンドで必要なショットを普段から練習するには、仮想ラウンドが1番だ。

・ライン出しショット
・コントロールショット
・池越え
・バンカー越え
・クロスバンカーから

ライン出しショットとコントロールショットの注意点は、決して緩んだスウィングをしてはいけない点だろう。先日のシプレカントリーではおよび腰のショットになってしまい、池ポチャ&OBをそれぞれ1回出してしまった。

アイアンの場合、振り幅で距離を打ち分けようとすると、ついつい緩んでしまう。なので短く持って振り切る練習が必要だ。

バンカーショットは練習しにくいが、ティーアップしたボールをウェッジで打つ練習に挑戦してみよう。これまでやったことがないからな。

常にラウンドありきであり、気持ち良いショットを打つことが目的ではないのだ。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

傾斜度は、わずかで構わないと思います。むしろ、【傾斜を感じ取る】ほうが大事だともいますから。典型的な傾斜の対処方法は、本や動画でわんさか情報ありますから自分に合うものを選べばいいんですけど。傾斜してることに気づかないで大けが、というのを避けたいわけです。ミスのほとんどは、わずかな傾斜に影響されて、ボール位置を間違い、動的な重心位置がずれて、当たらなかったり、明後日の方向に打ってしまったりするわけで・・・

No title

テニスボールを半分に切ったものとか、雑誌で読んだことあります。
私は、ストレッチ棒を踏んで使ってます。(丸棒を半分に切ったカマボコ上形状のもの)。大きいので、持ち歩きを考えるとテニスボールを切ったもの2個のほうがいいなあ・・・雑誌もいいですね。ゴルフボールは・・・グラグラして難しすぎるかも(笑)

しょぼさん
いつもコメントありがとうございます。
ボールを爪先で踏んだり、かかとで踏んだりして傾斜の練習をしてるものの、傾斜度が本番より甘い気がします。いらない雑誌を数冊重ねて、ふもうかと思います。

常にラウンドを意識して、狙いながら打たないといけませんよね。

No title

風も大きいけど、気づかない程度の傾斜が大きく影響してくると思いますね。レンジで練習すればするほど、平な傾斜基準というのが強まる(これは悪くはないけど)ので、現場で傾斜に気づかないと特に長もので大けがする可能性があります。

何か踏んで練習するとか、素振りするとかが対策になるかも?しれません。
プロフィール

さすらい

Author:さすらい
アラフォーアベレージゴルファー。現在クラブハンデ20。まずは1つ1つ確実にハンデを減らしていきます。シングルを目指して試行錯誤を繰り返しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR