FC2ブログ

医師としてのやり甲斐。

今日帰宅すると母親からこう言われました。「私の知り合いの私立に通ってる中学生の子供がイジメにあって,ストレスで顔面神経麻痺になったんや。そんでうちのクリニックに来てお父さんが診察したんや。いまは治って公立の中学に転校して高校受験頑張ってる。でもその子はイジメにあってから親とも色々あって,親とほとんど話さないようになってしまってん。やから子供が何を考えてるかわからなくなって親が心配してて。ところがある日お母さんが部屋を掃除してたら,塾で書いた作文が落ちててそれを読んだお母さんが感動してそのコピーをわざわざ昨日うちのクリニックにまで持ってきてくれたんや。これ読んでみ。」と言われました。タイトル:<未来>「僕は昔,病気になった時医者にみてもらいました。その時その医者はとても親切でとても優しかったです。なぜなら診察が丁寧で症状や治療法もちゃんと具体的に医学の知識がない人にわかりやすく説明してくれたり,きちんと薬の処方もしてくれたからです。そして,病気で自分の体が心配な時も励ましてくれたからです。
そこで僕は将来の事を少し考えるようになって,僕は医者にはなれなくても,あの親切な医者の様に親切で優しい人のためになるような職業に就きたいと思うようになってきました。まだ具体的な職業については分からないけど,今からたくさんの事を学んで,少しずつ人のためになる事を始めていきたいと思います。」
これを読んで僕は本当に感動しました。医師ほど感謝される職は他にはないのではないでしょうか。親父みたいな味を出せるにはまだまだあと25年はかかるでしょう。

本当に医学部にきて良かったと思いました。僕も早く1人前の医師になりたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さすらい

Author:さすらい
アラフォーアベレージゴルファー。現在クラブハンデ20。まずは1つ1つ確実にハンデを減らしていきます。シングルを目指して試行錯誤を繰り返しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR