FC2ブログ

コントロールショットの注意点

コントロールするからといって、インパクトでゆるんではいけない。
テイクバックを手だけであげてはいけない。
ダウンスイングはしっかり腰から。

コメントの投稿

非公開コメント

やきそばパンWさん
温かいお言葉、ありがとうございます!
そうですよね、ゴルフブログを書くなんてよっぽど熱心ですよね。

もともとこのブログは学生の時の日記で始めたのですがいつのまにやらゴルフメインになりました。

仕事やら家の購入やらでゴルフから遠ざかってしまっています。しかし、練習は週1でいっており、ドライバーのコントロールショットでOB性の当たりはなくなってきました!

家族優先ですよねー。
ただゴルフブログまでやってる方々はゴルフ熱心な方と思います。ご自分のペースで。
僕もゴルフブログ途絶えてこそいませんが年間5記事ぐらい(今のペースの1/12-16ぐらい)の期間もあったりしますので!

やきそばパンW
お返事大変遅れてしまい申し訳ありません。ここ最近、色々と大変でゴルフどころではありませんでした。しょぼさんが常々ブログでおっしゃっているように、ゴルフって外野が安定してないとできないしそういう気持にもなりませんね・・・

まだ載せて頂いた動画は見れていないのですが、必ず見ようと思っております。

コントロールショットの工夫として、テイクバックでの制限が効果あるとは思いもしませんでした。つま先の開き具合で工夫するとは・・・

No title

ちなみに僕がテンポを一定にするための大きなカギとして使っているのは、今回ブログ記事にしているオノマトペの活用です。

No title

さっきのリンクは21年5月に初めてやり始めたときで、今回こちらに貼ったリンクの記事は約半年後の12月に撮った動画です。
その都度に練習していくと安定してきます。
去年から今年、クラブとか買い変えてますけど、大丈夫です。

No title

昨年5月の記事を貼っておきますが、syoballさんおっしゃる通り僕もスタンスでバックスイングにリミットかけてから安定しました。

両足を揃えてつま先は左に11時か10時半ぐらいにすると、バックスイングが限定されます。これが7時半の代わり。
この構えでありとあらゆるクラブを打っている動画があげてあります。

もう一つは、スタンスは左足だけを肩幅より少し狭いくらいに開いて軽くオープンスタンス、そこからテークバックを無理に取らずに打つショットです。これが9時のテークバックの代わり。
(インパクトを魚突きに変えたので時計盤が使えなくなりました。)

2x6はこの2つで打ってます。

一方、SLJは全くのロングパットのイメージです。
振り幅は、腕やクラブでは全く認識していなくて、ロングパットを打つときの距離感を出力しています。
(こっちはパットの練習が先に必要になってきますですね。)

しょぼさん
いつもコメントありがとうございます。
緩むとは必要以上のテイクバックの大きさ・・・言われてみて気付きました。
多分、ドライバーが不調になるときって、テークバックが大き過ぎてるのかもしれません。
アドレスでテイクバックを制限!思いつきませんでした。試してみます。

No title

Wさん式では、テンポを一定にすれば緩まない由。
ところが、私はテンポを一定に出来ない人なので、アドレスでTB制限がいいと思ってます。
テンポを一定にできれば、緩むことなくふり幅で距離をコントロールできます。神業ですね!

No title

TBを十分に取れないようにアドレスしちゃった状態からフルショット?すればさすがに緩みません。

たとえば、スタンス狭く、オープンスタンスで、短く持って、ボールに近くたつ。ほとんどTBできません。せいぜい手が腰の高さ程度でせいいっぱい。そこから、フルショット?する(古閑美保Pの感覚表現)と、さすがに緩めないのが分かります。

緩むとは、必要な距離に比してTBが大きすぎるので減速するってことなので、やっとの大きさのTBなら減速しえないですわね。(まったくTB出来ないと逆にトップしちゃう)

やきそばパンWさん
いつもコメントありがとうございます。
ゴルフスウィングって、パターからドライバーまでゆるんじゃだめですよね。

おっしゃる通りですね。
syoballさんが古関プロの表現を書かれてましたけど、テークバック9時からの緩みないフルショットですね。

(僕は個人的にドライバーはバントしません(技術的にできません)ですが。)
プロフィール

さすらい

Author:さすらい
アラフォーアベレージゴルファー。現在クラブハンデ20。まずは1つ1つ確実にハンデを減らしていきます。シングルを目指して試行錯誤を繰り返しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR