FC2ブログ

ポイントまとめ。2022/3/6

大前提
→ボールと目の距離は最後まで固定。ゴルフはコントロールゲーム。

自分でコントロールできるポイント。
アドレス:
・ボール位置(ドライバーで左乳頭の下)とボールへの視線(ドライバーはボールの右横を左目で見続ける。)
少し右脚荷重。右肩は意図的に下げない。勝手に下がる。頭の位置はドライバーはヘッドの真上。

・スタンス
→肩幅固定。ぐらつかないように。特にドライバー。

・グリップ
→長くもたない。最長でも左を1.5横指短く持つ。長く持つと振り遅れるし、バランスが取りづらくなる。

・右側でさばく。でも左に体重移動する。特にドライバー。ゴルフは前を向いて横に振るスポーツ。

・スタンスとったときに下半身に意識を向ける。

・バックスウィングは長いクラブほど高く深くなる。高く深くする事により、切り返しで腰から始動できやすくなる。
・疲れると頭突っ込む。
・全体のバランス。
・アドレスで右肩出ない。右肩を下げすぎない。
・肩のラインは平行で。でないとプッシュアウトする。
・当たらない時は大きく体がぶれている!目とボールの距離が崩れてる。
・早すぎない。バックスウィングを深くするが、それはスウィングを早くすることではない。
・トップをきちんと作る。トップがないと腕から振り下ろしミスショットになる。長いクラブでの打ち急ぎがそれ。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

ボールの見方

アイアンはボールの左端
ドライバーは右下
スウィングに囚われすぎたらいけない
ボールの見方は大切だ。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

ショートパットのコツ

フェース面を固定するために、グリップをこれ以上ないくらい強く握る!

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

無駄打ちをしないように。

ゴルフスウィングの怖いところは、急に球が当たらなくなることだ。実際にボールを打たないでいると、スウィングなんて1週間で忘れてしまう(僕の場合は)
ただ、突然だめになるときの傾向を抑えておけば大丈夫。一番だめなのは、がむしゃらに球を打ちそのまま迷宮入りしてしまうことだ。
僕の場合は
・軸ブレ。特に切り返し以降のヘッドアップ。
・テイクバックのみ意識がいってしまっている。切り返し以降も含めたスウィング全体を通じてバランスがとれていない。

無駄打ち(ここでは注意すれは防げるミス)を繰り返すと、スウィングが明後日の方向へ向かってしまい、ゴルフがつまらなくなってしまう。上手い人は安定感がある。

自分なりにミスが少なくなるポイントをまとめてみた。
・脚を閉じて腕だけを左右対称に振る。そこから少しずつスタンスを広げていく。あくまでも本番を意識したスウィングであり、頭とボールの距離を変えないようにして、下半身で切り返す。下半身を「どしっ」と安定させる。
・本番ショットの際にはアドレスで下半身に力を入れ、上半身はゆるくする。
・最初の素振りのイメージで振り切る。このとき、マン振りはしない。

ミスを減らしていくことが大事。大きなミスさえなければ、80台は出るはず。ナイスショットはいらない。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

パッティングは振り幅とリズムを信じる

パッティングではなぜか「この振り幅とリズムで届くのか?」と変に考えてしまい、パンチが入ってそこから3パットのパターンが多い。
入る入らないは時の運、振り幅とリズムを信じて、入らなかったら微調整するしかない。手にパンチが入ると、振り幅とリズムが一緒でも、参考にならない。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

とにかくミスを減らしていく

ダフリ最悪、チョロ最悪。
次打が打てるところに運べる最低限のスウィングを。
ダウンスウィング以降の意識。頭左に行かない。左頬の壁。
ミスが出るパターンは大体同じ。
・アドレス
ボールとの前後左右位置。近づきすぎないように。
下半身に意識。左脚とボールの左端を見る
・テイクバック
テイクバックでも下半身に意識。手に意識いくと上半身が浮く。小指縦コック。アドレスの位置を死守。スウェーしない。
・トップ
ヘッドの重みを感じて間を感じる。
・ダウンスウィング
頭固定。

上半身に意識行かないこと。上半身に意識いくと、スウェー、起き上がり起こる。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

テイクバックは後ろに放り投げる感じ

インにとアウトにも引かないために。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

シンプルに軸固定

この間のゴルフ侍で石井一久がでていた。テイクバックから下半身が微動だにしていない。いまさら基本だが、身体全体の軸を固定する。これで練習したらいい感じ。ひょっとしたら一生ものの開眼?!

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

ビハインドザボール

基本だが超大切。前回維持にも役立つ。

打ち出される瞬間をきちんと見届ける

どうも前傾維持が毎回きちんとできない。家でのスポンジ打ちでも全球70点以上の点はつけれない。
パットでの「カップインの音は左耳で聞け」という格言があるが、これは起き上がりを防ぐためと思われる。パッティングは本当に繊細なので、微動だにしない意識が必要なんだろう。頭部は5kgくらいあるので、わずかに動くことによっても軸に大きな影響を与える。
ショットも同様に左耳で聞け、ではないがそのイメージを持っていきたいと思う。
プロフィール

さすらい

Author:さすらい
アラフォーアベレージゴルファー。現在クラブハンデ20。まずは1つ1つ確実にハンデを減らしていきます。シングルを目指して試行錯誤を繰り返しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR