FC2ブログ

救急日直

祝日なのに今日は救急当番。朝から患者き続けていて、ようやく13時過ぎにひと段落。
救急にはナマポの方やプシの方がかなり多い。そういった方達への対応も医師として大切。
救急の初期対応は主に研修医がやる。なかなか楽しい。医者してるなあ、って感じ。

安月給

もうすぐで2年間に渡る研修が終わるが、本当に給料が安い。 一応研修医の基本給与は厚生労働省で目安を決められているのだが、それよりはるかに低い。その代わり関西でもかなり大きな病院で症例も豊富だから給料は我慢しろ、という病院の方針なのだ。
学生の頃は「給料が少なくてもいい。豊富な症例で医者としてのスキルアップを!」と燃えていたが、働いてみると低賃金では愚痴しか出てこない。好きなゴルフも我慢しなければいけない。病院変わるしもうここの病院とは一生関係を持たない(系列大学が違う)ので、3月は有給全て使って休む予定。ちなみに医者なのに薬剤師の嫁より低い給料で過ごしてきた(笑)人生の選択ミスだな・・・患者持たされてもほとんど上の医師がやるし。ほんとイヤな2年間だった。

研究発表会と新年会

4月から母校の耳鼻咽喉科で働くことになり、今日はその研究発表会と新年会だった。優しい先輩ばかりでほんとよかった。4月から足をひっぱらないように勉強がんばろう!

地域医療

今月1ヶ月間は豊岡市で地域医療研修。いま到着したところだが、駅周辺はまあまあ栄えている。しかし途中までは・・・(笑)1ヶ月間、まあまあ頑張ろう!

研修も残り半年

忙しい科は全て終わりこの先3月までは比較的穏やかなローテートが続く。

来年からデビューする科の勉強はコツコツ少しずつ続けていき、不安のない状態にしておきたい。臨床において体で覚えることは多々あるけれど、それには知識の裏付けも大切。また、「この疾患やオペの際にはこの処置や指示」という風にパターンを身につけておくことも大切。

さっきコツコツ勉強すると言ったけど、これがなかなか大変。仕事で疲れた後にしなきゃいけないからなあ。だから30分だけ机に向かうようにしている。といってもさぼってしまう日も多々・・・

久々激務救急当直

いま当直明けで病院近くのモスバーガーでメシを食いながら記事を書いている。

昨日の19時から今朝の10時まで患者が来続けて一睡もできなかった。ここまで忙しかったのは久しぶり。入院もかなりさせた。

かなり疲れたが達成感も半端ない。医者の醍醐味の一つ。

今月で志望科終わり

おれが進もうとしている科の研修が今月で3ヶ月目。あと平日9回いけば終了。

めちゃ怒られてほんとしんどかったけど、パワハラとかではないので矯正点として受け入れるしかない(笑)そしてフィナーレとして来週15時間のオペがある・・・やるしかないなあ。

そして来月から2ヶ月間は小児科。

頑張ろう。

まとまった時間はとれない

いま志望科である耳鼻咽喉科をローテートしている。5月〜9月までの5ヶ月間選択した。

耳・鼻・喉を診るため、勉強する範囲がかなり広くて何からやっていいかわからなくなる。

しかし毎日症例を診させてもらってるので、該当範囲をコツコツやるしかない。

いまさら気付くなんて遅すぎるのだが、仕事を終えてから勉強できる時間なんてせいぜいよくて3時間くらい。

大体1時間くらいかなあ。

なのでこまめに空いた時間を利用してやるしかない。

そして本を読んでるだけではまったく頭に入ってこないので、結納の際に嫁さんからもらったMacBook Proを利用している。

毎日30分でもいいから勉強しよう。

プレゼンのコツ

医者になると学生時代とは違ってプレゼンテーションの機会がグンと増える。毎日患者さんの状態をカンファレンスや上級医に報告しなければいけない。

おれは上手くない部類なので色々と注意点がある。

・一つにまとめれるものはまとめる。
例:BUN、Cre上昇、尿酸値上昇・・・
→腎機能悪化と高尿酸血症。

・メインテーマとサブテーマを分ける。サブテーマは最後でいい。

・提供する情報は話す際に足りなくてもいい。聞き手が混乱しないことが大切。抜けたところは質問された時でいい。発表中に決して遡るな。

以上がマジで大切。

心に余裕を

今月から腎臓内科をローテートしているが、実にまったりとしていて天国だ。

まったりといって何もしないわけではなく、担当患者を当てられてオーベン(指導医)と共に診ていく。

ただし注意点として治療方針は指導医がどんどん決めていくので、なぜその治療方針となったのか等の疑問点を自ら質問していかないと取り残されていってしまう。

ただし質問する際には-これはどの科でも当たり前だが-ある程度自分で事前に調べていきそれでも分からなければ聞くということが上司へのマナー。

研修医は病院からかなり守られている。研修医単独で治療方針を決めてもいいことはほとんどない。

これは安心に2年間研修できるメリットであるが、裏を返せば主体性を持たないと何も残らなくなってしまう。

話がそれてしまったが、今の科は多忙といわけではないので、勉強する時間があり非常に充実している。

去年の6〜12月は忙しいしつまらないし科の雰囲気も微妙で毎日が無味乾燥で勉強する気もおこならなかったが、ようやく楽しめるようになってきた。

とかっこいいこといってるが、勉強時間自体は2時間程度(笑)良くても3〜4時間。

大したことないなあ〜
プロフィール

さすらい

Author:さすらい
アラフォーアベレージゴルファー。現在クラブハンデ20。まずは1つ1つ確実にハンデを減らしていきます。シングルを目指して試行錯誤を繰り返しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR