FC2ブログ

忙しくても淡々と診療する

流行っているクリニックに勤務している。


夕診は16〜19時なのだが、今日は多くて60人ほどきた。


19時を回ると従業員たちの帰りが遅くなってしまい申し訳ない気持ちがあり、かなり終盤は焦ってしまった。


焦ると、きちんとした診断と治療ができない。


なにより焦っている医者に診られたくないだろう。


19時30分頃に終わり、院長に焦ってしまったことを相談すると、「焦ると結局いろんなことに悪い影響を及ぼす。別に先生は遅くないしいつも通りのペースで良い」と励ましの言葉を頂いた。



自分は診療が遅い方ではなく、どちらかというと速い方だ。



院長は「早い遅いで考えるから、おかしくなる。患者さんファーストなので、質を落とさないようにすれば良い。かといって余計なムンテラや検査をするのは良くない。先生の場合はこのままのペースで良い」と付け加えてくれた。


そう、自分で自分の首を絞めていたのだ。



過信しすぎは良くないけど、ある程度自信を持って焦らず診療していこう。

忙しい院長業務

当科はこの時期閑散期であるが、大体1日に70〜80人来てくれる。シーズンになると100人オーバーだ。


診療は午前3時間、午後3時間である。まだ半日で40人くらいなので1人当たり4.5分で間に合う。それでもひとりひとりじっくりと診ている暇はない。「相手が何をして欲しいか?」を見抜いて満足度をあげないといけない。しかも1分以内で、だ。


かといって早口でまくしたてたり、イライラする素振りなんて絶対に出してはいけない!医師のそういう態度は患者にすぐに伝わる。そうなると「ここのクリニック大丈夫なん?」となってしまう。


自分の場合、若手の頃に忙しくなると早口でしかも口調がきつくなるようで、何件か手厳しい投書を頂いたことがある。その経験から、「できるだけ穏やかで少し小さめな声」を意識している。このおかげか「あの先生は優しい」と言われるようになったのだ。



主訴は大事であるが、同じくらい大切なのは相手の表情や口調である。これが本当に重要である。


相手の様子を伺いながら手短に問診をするわけだ。鑑別疾患を何個かすぐに思い浮かべて必要な処置や検査をする。


時には急患もくる。めまいや鼻出血である。そういうのも込みで3時間以内に終わらないといけない。


院長には診療業務以外にも人事や経営といった側面がある。


要するに「プレイングマネージャー」というやつだ。


経営の勉強もそろそろしないとなあ・・・。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

院長代診

先週末に父が緊急入院となり、2週間の治療を余儀なくされた。
専門用語でいうと、「sepsis」に陥り、血圧が80を切りステりかけた(パンヤ業のしょぼさんなら、伝わるはず・・・・です)
なので今週頭から実家クリニックの代診をしている。院長代行だ。
2年前にも父のオペの際に代打をしたが、今回は本当に緊急登板だ。
めちゃくちゃ忙しく、マジで毎日疲弊している・・・
幸い、父の容態はかなり良くなってきており、ロイコもCRPもいい感じだ。

まだ院長代行をして数日であるが、開業医というのは本当に地域医療に貢献できるやりがいのある職業だと実感している。
場所が都会なので競合が多い中、わざわざうちを選んでくれている。

診療を終えたPtが受付で「息子さんが跡継ぎはんの?そりゃ安心やわ」と言っていてくれてようで、とても嬉しい。

まだあと1週間以上代打をするが、しっかりと仕事をしよう!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

クリニック勤務

転職して現在ふつうのクリニックに勤務している。週4.5勤務である。


これまでは院長メインの1診体制であったが、患者さんが多い事や医師会活動で時間がとられるために自分を雇ってくれた。2診体制になったわけだ。


クリニック勤務の時に一番不安なのが、院長との関係性だ。


これまでの勤務先は医師が5人以上いたし、院長と接する方なんて皆無であった。


しかし普通のクリニックだと院長との距離が非常に近い。もし、性格や考え方が合わなかったら毎日が苦痛で仕方ないであろう。ただしそれは向こうも同じである。雇う側と雇われる側はそういうもんだ。


勤務を開始して3日が経過した。いまのところ、とても親しみやすい院長でありホッとしている。自分はどう思われてるかわからないが(笑)


まだ自分はかなり人数を絞って診療をしている。


というのも、やはり経営を考えないといけないためにそのクリニックの診療マニュアルというものがあるのだ。


それに適応するためにこれまでの自分自身の診療スタイルを極端な話ゼロにして、いまのクリニックに適したマシーンとならないといけない。


幸い自分には別に診療スタイルにこだわりがないので、言われたことは全てメモをとり、全てにイエスマンとなっている。


また、開業医さんにくる層と市民病院や大学病院にくる層というのは別物だし、これまで500床以上のところしか働いたことのない自分にとってここは新鮮な事ばかりだ。


多分、このまま続けれそうだ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

当直が終わる30分前にQQ搬送

さて終わりかと思った矢先にQQ搬送が来た。めまいだ。ここで気を抜いたら見落としに繋がるのでしっかり診療した。当たり前のことだけど大切。

テーマ : 医療業界
ジャンル : 就職・お仕事

今日も早起き

朝早い仕事に行くために5時25分起き。昨日はゴルフで同じ時間に起床。仕事頑張って稼がんとな。

テーマ : 医療業界
ジャンル : 就職・お仕事

勤務医ライフ

私は大して仕事ができるわけではない。
ただ、医局に入り専門医を取らせてもらったことは本当に感謝している。嫌なこともたくさんあったけど、医局には感謝しかない。
勤務医ライフは多分後1年くらいであるが、日々患者さんに向き合って頑張って行こう。

テーマ : 医療業界
ジャンル : 就職・お仕事

父の代わりに代診

諸事情で父の代わりにクリニックを代診している。
めちゃめちゃ神経をすり減らしている。
大切な患者さん達だから。

テーマ : 医療業界
ジャンル : 就職・お仕事

分院展開へ

先日、父親とゴルフへ行く車中で自分の進路について相談をした。
知人で在宅医療施設等を経営している社長がおり、医療法人も手掛けていることから、僕に開業支援の話が来ていると言うと、そこで話を聞いてみては?と。父はまだまだ働きたいのでクリニックを僕に譲るつもりはないようだ。
母にも相談したところ、その話だと雇われ院長になるがいいのか?祖父から受け継いだ医療法人があるが、もうそちらは終わりになるのは残念だと寂しそうであった。
両親に相談した翌日に、母から電話があった。
うちの医療法人を僕の代で絶やすのは非常にもったいない。せっかく医者3代目になったのに。なので新たに分院を開業してくれないか。土地は探すしある程度支援はするからと頼まれた。
ということで思ってもいなかった分院として新規開業をすることに。
開業は厳しいが、周囲の人の力を借りてがんばろう。

夜診から急病診療所へ

今日はなかなかハードだ。
17時半〜19時半まで夜診をし、その後これから22時〜0時半までの急病診療所で診療だ・・・
明日も通常業務。

テーマ : 医療業界
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

さすらい

Author:さすらい
アラフォーアベレージゴルファー。現在クラブハンデ20。まずは1つ1つ確実にハンデを減らしていきます。シングルを目指して試行錯誤を繰り返しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR