FC2ブログ

「避ける」より「狙う」

右OBだから右を嫌がると、警戒しすぎてミスショットが生まれる。バンカーを避けすぎると、アサッテの方向へ打ってしまう。
「避ける」という言葉はネガティブなので、脳に悪いし、スウィングのとき身体がスムースに動かなくなる。
なので、打ちたいところだけを「狙う」。「狙う」はポジティブワード。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

ラウンドを想定した練習を

週1回しか練習できないので、練習の密度をあげる必要がある。ラウンドも月1が限界。
ラウンドで起こるミスを想定して、普段から1発勝負の気持ちで1球を丁寧に打とう。

じゃないといつまでたっても上手くならない。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

ミスを分析する

・木に当たって10yardも進まず
→スタイミーなのに、強行突破をはかり自爆。1打罰として出すだけでよかった。
・120yardの短いショートHで左に引っ掛けてバンカーイン
→ピッチングウェッジで引っ掛けを予測してなかつた。練習場でも出ていたミス。
・チョロ
→23度UTでややボールが沈んでいた。
・アプローチの大幅なオーバーやショート
→イメージしっかり出す前にうってしまった。

「たられば」だが、防げたかもしれないミス。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

脱・チョロに向けて

ゴルフを始めた頃からフェアウェイウッドとUTは下手なままだ。トップして前に進んでくれればいいのだが、とにかくチョロばかり!トップもチョロもボールの頭を叩くわけだか、チョロはほとんどボールにクラブが届いていないんだろう。
なぜ届かないかというと、前傾が維持できなくて起き上がる事が原因だが、自分の場合は、スウィングが小さくなって手だけで当てに行ってしまうこともその要因だろう。「苦手意識→なんとか当たってくれ→手打ち→チョロ→苦手」の負のスパイラルに陥ってしまっている。
なので、難易度を下げるために、26.5度UTでの練習を徹底的にして、ラウンドも当分26.5度UTだけバッグに入れよう。ラウンドでは使いやすい時にだけ使おう。ラフにはいってしまった場合、浮いていれば使用しよう。とにかく成功体験をつまないと!

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

ヤマトカントリー

ヤマトカントリークラブをラウンド
さつき→あしび 106(53.53)パット数不明
今日は医大の友人(整形外科医大2名 DM内科医1名)の4人でラウンド。最近になってようやく周囲がゴルフをし始めるようになり、本当に嬉しい。中でもDM内科医はスキー部で同じということもあり、彼がゴルフを始めてくれて(しかもすでに実力は俺以上)願ってもない事だ。
スコアは106とダメであったが、友達とのゴルフがこんなに楽しいとは!それに内科医の友人はモチベーションも高く、話もあう。

1.ドライバーショット
OBは1回のみ。あしびの短いミドルでこすり球。ヘッドをボールから離しすぎる(ボールのすぐ後ろに置くと良い。ヘッド1つ分離すと、打ちに行ってしまい、左サイドの壁がなくなるようだ)
フックグリップにして、飛距離はかなり復活!ただし注意点として、アドレスの際にフェースを閉じすぎてしまう事があり、当たりは良くボール初速も速かったが、左へ1直線で危うくOBになりかけたのが2回あった。フェアウェイに残ってたから良かったが・・・。要修正。
また、トップが低くなったり、打ち急ぐとだめだ。最近YouTubeで見るようになった「uuumゴルフ」で、古閑美保がレッスンしている動画があるのだが、「小さいスウィングはだめ!大きく振らなきゃ!」と言っていたが、その通りにトップを大きくすると弾道・ボール初速・飛距離ともに満足のいく球が打てた。これはドライバーだけでなくすべてに適用しよう。
2.UTでのショット
3回使用。
180yardのショートHで23度UTを使用したが、スウィングがちぢこまり、切り返しもタイミングがずれてしまい、チョロ。
2回目はあしび最終ロングで残り190yardから23度を振り回し、チョロ。その次に26.5度UTでナイスショット!
結局まともにあたったのは1/3で、2つはチョロだった。練習では上手く当たっているのだが、ラウンドではなかなか難しい・・・当分の間は26.5度だけ(打てる気がするし、確率も高い)にしようかな。打てないクラブをラウンドで使うと、ストレスがたまるし、悪いイメージばかり残る。
3.アプローチ
まあまあ。45度PWが活躍。
4.パット
まあまあ。日々の練習継続。
5.マネジメント
さつき8番でティーショットを林へいれ、2打目を出すだけ。残り140yardつまさき下がりで、7鉄を打ち当たりは悪くないがガードバンカーへ・・・そこからホームランで8!林を出す処置までは良かったが、避けれるバンカーを避けずにピンだけ狙ったのがダメだった。とにかくハザードを避けなければ。そして、常に広い場所を狙うように。

スコアはダメだったが、希望が見えてきたラウンドだった。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

ポイントは1つに。

今取り組んでいる課題(といっても随分前から身体に染み込んでいる悪癖だが)は、「左サイドのボディアップの禁止」と、「トップでの間」だ。
スウィング中にポイントをいくつも死守する事は不可能であるが、ミスショットが出ても「次はポイントを守ろう」という気持ちになるが、守れた試しがない。何かが、間違っているのだろう・・・。
やはりポイントは1つまでしか実行不可能だと思う。方法が間違っているのだ。
なので、「バランス良く降る」をポイントにしようと思う。
バランス良く降るには、リズムが早くてもだめだし、前傾維持が崩れてもだめだし、トップで間がとれなくてうち急いでもだめだ。
内藤プロの本にこう書いてあった。
「崖の端でスウィングすることを考えよう」と。そうすればバランス良くミート率も上がるはずだ。
しばらく試してみよう。
ダメならまた考え直せばいいだけ(笑)

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

ヘッドアップではなく、ボディアップ

高橋勝成プロの著書に
「ヘッドアップではなく、ボディアップがだめ」とあった。なるほど、その通りだな。要は前傾維持!

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コントロール重視

飛距離より、バランス良く、振り回さずを課題にしよう。いい回転をボールに与えれば、結果として飛距離もでる。野球でいうと、シュアなバッティングだな。大振りはいらない。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

軸がぶれないためには

軸がぶれなくなると、前傾維持もできるはず。
軸がぶれないためには、まず下半身がうごかないこと。このことは結構前から気付いていたが、例の長期不振でおろそかになっていた。スタンス幅が大事になり、狭すぎても広すぎてもダメだ。ドライバーは肩幅くらいといわれるが、7鉄くらいでも肩幅くらいがいいショットを打てる。
そして昨日友人と夜練習していた時に指摘されたのが、素振りと本番でスウィングが変わっている点。
本番はフィニッシュで左脚に乗り切れず、明治の大砲になっている。素振りでは綺麗に左脚に乗っている。なぜか?それは上半身に力が入りすぎだからだ。自宅素振りで上半身脱力をためすと、下半身もゆれなくなる。なるほど、上半身が力むと下半身もそれにつられてグラつくわけだ。
「重心を下半身に集め、上半身は力ゼロ」を、キーワードにしよう。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

大前提として下半身固定と終始前傾維持

要するに軸がぶれると全てが台無し。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

さすらい

Author:さすらい
アラフォーアベレージゴルファー。現在クラブハンデ20。まずは1つ1つ確実にハンデを減らしていきます。シングルを目指して試行錯誤を繰り返しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR