FC2ブログ

煽り打ちは、切り返しの時点から始まっている

テイクバックは腕と胸を同調させて開始させる。胸は横回転、腕は縦回転の感覚。マン振りしてしまうときは、力一杯スウィングする意識のため、胸も腕も縦に上がってしまっており切り返し以降はしゃくりあげになっている。これではインパクトの時に伸び上がりを防ごうとしても防げないわけだ。
切り返し以降も胸の横回転を意識することで、ヘッドの入射角がシャローになりミスが出にくくなる・・・はず!

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

まず重心を確認。そこから、目とボールの位置が変わらないように、胸を右に回し始める

仕事を終えてから打球場へ。110球ほど。まず、アドレスで足元を踏ん張れる重心を探す。目とボールの位置関係が変わらないように、胸を左に回す。この時腕を同調させる。
インパクトで伸び上がらないように、胸は左右横回転。右肩を元の位置に戻すのみ。
力みなくバランスよくスウィングすれば、力を入れなくても、飛んでしまう。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

自分とボールとの距離

「自分の身体とボールとの距離」をビタ一文動かさない意識でスウィングするといい感じ。
背中を軸においても僕はうまくいかない。ボールとの距離を一定に保ったままのイメージがあっている。
アドレスの時点で足元がぐらつかない重心を見つける。
体が開かないためには、右肩を元の位置に戻す意識が必要。打ち込んでしまう=右肩が上から下に突っ込む。煽り打ち=右肩が下から上に持ち上がる。
アドレスの位置をスウィングのスタートとするのではなく、トップの位置をスタートとした方が上手くいく。アドレスの位置をスタートにすると、急いでクラブをあげてしまうからだ。トップまで振り上げる速度はゆっくりでなければいけない。助走のイメージだ。そしてゴールはボールよりも先にある。ボールの位置をゴールにすると、インパクトで緩んでしまう。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

ショートホールではティーアップ1cmで。

特にUTは1cmくらいの方が僕の場合はミスが少ない。ショートホールは唯一パーオンを狙えるチャンス!UTやウッドでのチョロだけは避けたい。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

体が開かないように

トップから急に振り下ろすと、左サイドが開いてしまいトップ・チョロ・ダフリがおきる。
これを防ぐには、トップから焦らず振るしかない。伸び上がりを防いでも、体が開いてたら同じ。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

インパクトのイメージとトップからゆっくり振り下ろす

チョロやダフリが出るのはインパクトの際にヘッドアップや伸び上がりがあるからだ。僕はこれまでインパクトのイメージを持った事がない。
インパクトで軸がブレずに振り切ることができれば大きなミスは防げるはずだ。ただ、点で意識すると手打ちになるので、ゾーンでイメージしよう。そのためにはトップから鬼のように振り下ろすのではなく、ゆっくり振り下ろそう。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

ミスを可能な限り減らしていく

ラウンドでは
・ドライバーで2打目が打てない場所への打ち込み
・グリーンオンできそうな距離からのアイアンやUTでのダフりやチョロ。
・アプローチでのざっくり・トップ・ダフり
・ノーカンパッティング
が現れる。
どれも「力んでる」といっちゃあそれまでだが、なんとか防止策を練らないとこの先成長はない。
練習の段階から意識改革を起こさないとな。さてどうしよう。とりあえずルーチンを決めよう。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

飛距離とコントロールを両立したい

バランスよく振れる範囲内で方向性も考慮すると、ドライバーはキャリーで220yard飛べばいい方だろう。いまはとにかくミート率重視。飛距離は大事だが飛距離だけ追求するとスウィングがおかしくなってしまう。
バランスが良いスウィングのまま飛距離をアップさせるには、僕の場合ティーの高さとヘッドとボールの位置を変えるのが合っている。
ドライバーが飛んでた頃はヘッド1つ分ティーから離して構えていた。ヘッドの最下点は頭の下であり、そこからアッパーでボールを捉えていく。この時頭を絶対に左へ突っ込んではならない。
昨日のラウンドで友達がティーからヘッドを離して構えている姿を見て、自分もそういえばそうしていたなと思い出し、同じようにセットアップして振るといい感じだった。ヘッドをティーから離し過ぎてもだめだし、今みたいにティーの後ろにヘッドをぴったりくっつけたままだとボールが上がらない。いい塩梅のところを見つけようと思う。
ドライバーは飛ばすクラブではなく飛ぶクラブだ。振るときはアイアンやウエッジと同じように「〜yard 飛ばす」と心構えをしておこう。MAXの飛距離を求めると、林に打ち込んだりとんでもないチョロが出たりする。8割くらいの力感で。7割くらいに設定すると、インパクトで緩んでしまうからな。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

ティーショットからカップインまで全て繋がっている。

昨日のラウンドを振り返ってみる。
一番問題だったのは、前半でドライバーを振り回しすぎた事だろう。ここ最近の「飛ばさない」意識でいればいいものを、力みまくるからそりゃ悪い結果になるのは当然だ。試打の時はリラックスして振っていた。その時のデータ通りにするには同じように淀みなくスウィングしなきゃいけない。
ドライバーでの振り回す意識のせいでアイアンもダフってしまい、アプローチでのトップ、おまけにパッティングも距離感が大幅に崩れてしまった。
ゴルフはティーショットから最後のカップインまで全て繋がっている。淡々とこなしていれば結果はついてくる。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

関西カントリークラブをラウンド ゴルフは恐ろしい・・・

フロントティー 5947yard スコアの105(OUT57 IN48 パット 不明)
3日ぶりのラウンドは3桁の大台に乗ってしまった。
原因は飛距離を出すことで頭がいっぱいになってしまった事。そういう考えになってしまったのは、ここ3ラウンドとも90台で回れており「もっと飛ばせば楽にスコアが出せるのでは」と思ってしまったからだ。そのためにはドライバーで、買ったばかりの新しいドライバーを練習で振り回しすぎ&球数を打ちすぎた。そのせいで他の番手までおかしくなってしまった。ショットがおかしくなるとスコアの肝であるアプローチとパッティングに集中できなくなる。幸いにも前半で力みまくってる事に気づけたお陰で後半はいつも通りの「井戸木の教え」を思い出し、なんとか50は叩かなかったが、ほんとにゴルフは恐ろしい・・・!

前半OUTは、1Hから順にボギー、ダボ、ダボ、トリ、トリ、ボギー、+4、トリ、ダボだった。OBは1個 パー0個、ボギー2個、ダボ3個、トリ3個、+4が1個だった。

後半INは、1Hから順にボギー、ダボ、トリ、パー、ボギー、ダボ、ボギー、ボギー、ボギーだった。パーが1個、ボギーが5個、ダボが2個、トリが1個。
ショット、アプローチ、パッティングを振り返る。

ドライバーは前半力みまくり。後半で落ち着いた。また、以前行っていた「ヘッドとボールを離して構える」で、弾道がいい感じに上がってくれた。とにかく「軸ブレしないように素振りのように」振るのみ。7割くらいの力感でいい。
アイアンはグリーンにギリギリ届来そうな時にダフる。
UTは26.5度がなかなかよかった。23度は2回使って2回ともミスしており、やはり抜くか。
アプローチとパッティングはイマイチ。パッティングも少し練習した方がいいな。

今回のラウンドでは、ゴルフの恐ろしさを痛感した。スウィングはほんとにナマモノ!

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

さすらい

Author:さすらい
アラフォーアベレージゴルファー。現在クラブハンデ20。まずは1つ1つ確実にハンデを減らしていきます。シングルを目指して試行錯誤を繰り返しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR