FC2ブログ

肘痛とシャフト交換

今朝、早朝練習で20度crossoverを打つが、調子が悪い。グリップを握った時点でかなり重く感じる。30球ほど打つが、ダフリばかり・・・しかも、腕が疲れる・・・肘も痛い。
23度cross overは、持っても重く感じない。
シャフトは2つとも、modus 3 の105 Sだ。
ゴルフの練習で肘が痛くなった事などないため、かかりつけのクラフトマンに電話相談をした。症状をいうと、やはり負荷がかなりかかってるかもしれないとの事で、すぐに20度と23度をみてもらうことに。
23度はしっかりと試打した上でシャフトを決めた。20度は試打できなかったため、同じものでいいかなと思い購入したのだ。いつもみてもらってるクラフトマンも勧めてくれたのだが・・・
20度をそのまま試打してもうまく打てない。そこでカーボンのping tour173-85を試すと、グリップした時点で重さの違和感はなく、当たりもよい。ただし試打したクラブは同じpingg410のハイブリッドだ。
というわけで、昨日購入した17度もシャフトはping tour173-85に変更。なんだかんだで1万円ほど余計にかかってしまい、色々と勉強になった。
これまでゴルフクラブで悩んだ事はなかった。ほぼクラフトマン任せでいけていた。ただ、自分でも主体的に勉強しておかないと、今回のような失敗をしてしまう(クラフトマンを責めてるわけではない)。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

練習密度を考え直す&cossover17度購入

普段練習場には、56度、50度、PW、5鉄、cossover23度、cossover20度、ドライバーの7本を持っていく。
練習開始前にストレッチをしっかりとし、ウェッジ3本を合計20球くらいして、5鉄を5球ほど、そして残りはcossover20度とドライバーだ。だいぶ問題のある練習配分だと我ながら思う(笑)
長いクラブが打てれば、その下は楽になるため、そしてドライバーの安定が大切だと思っているのでこのようになっている。
ただ、cossover20度をマン振りしていると、ロフト通り打球が上がらないし飛距離も稼げない。せっかく飛距離を稼げるクラブなのに。軸がブレているのだ。だふると肘を痛めるし・・・
もっと1球1球大切に打とうと思う。バランス第一!本番では1球しか打てないから。
そして今日、cossover17度を購入!はやく届いてほしいなあ。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

調子に乗りすぎた

今日は大学で外来を終えた後、crossover 20度をメインに練習してきた。
苦手意識がないためか、逆に飛ばそうと振りすぎたせいでイマイチなあたりを連発。リズムが早く、軸もぐちゃぐちゃ。
途中で「アドレスの時点で軸をビシッと決める」「捻転をしっかりとし、切り返しで開をとる」を思い出し、いい当たりが復活。
20度ばかり打っていたせいか、腕が筋肉痛だ。シャフトはスチールのmodus3 105だが、ユーティリティの長さだとやや重い。ただ、このおかげでドライバーの振りが鋭くなった気がする。
メリット・デメリットがあるが、とりあえずcossover20度は球数制限しよう(笑)

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

断崖絶壁

内藤雄士プロの教えで、特に役立っている事
・目線をキープ
・身体が軸。腕はそれに追従する。身体だけ回転すればいいものではなく、また、腕だけ振ればいいものではない。両者のバランス!
・身体が開かないでインパクトを迎える。
・断崖絶壁の上でスウィングしても落ちないイメージ

特に最後が良い(笑)

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

17度 G410 クロスオーバーを購入するかどうか・・・

いま17度のping クロスオーバーを買うかかなり迷っている。20度と23度は問題なく球が上がるし飛距離も出ているし満足だ。ただ、17度となれば難しくなることは間違いないだろう。
そこで17度前後のUTを使用しているプロをネットで調べてみたら、国内外問わず結構いた。まあ彼らはHSが凄まじいし問題なく使えるのだろう。
とりあえず試打かなあ・・・
ただ、気持ちはもはや購入になっている(笑)

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

しばらく独学で頑張ろう

今年に入って9ラウンドしたが、スコアは98→91→96 →105 →101 →100 →93 →85 →93と推移している。平均スコアは95.7だ。
2018年までは連続して100を切った事はなかったし、年に1.2回100切りしたら御の字だった。切れたとしても、98とかギリギリ。
今年に入って良くなってきた原因は、スウィングを自分なりに基礎から見直した事だろう。
具体的には、井戸木鴻樹プロ、内藤雄士プロの本を読んだ事による。この二人は本当に基礎に忠実であり分かりやすい。教科書どおりの事を書いてくれている。そのおかげもありスコアは安定してきている。
そこで更なるパワーアップを図りレッスンを再度習う事を考え、昨日仕事の帰りにつるやゴルフのインドアスクールに立ち寄った。丁度受付にティーチングプロがいたので現状について話を聞いてもらったが、要約すると
・月4回で9千円(税別)
・ティーチングプロは2人。
・ウィークポイントを直しましょうスタンス
まず、月4回も行けない(笑)平日は緊急手術が入ると何時に帰れるかわからないし、土日は当直や待機がある。
ティーチングプロが2人しかいないのも気になる。昔通っていた難波のゴルフスクールは6.7人くらいいた。なので最低1人は自分に合うプロがいた。2人しかいないとなると、相性が悪いとだめになる。
ウィークポイントをなおすのもあまり僕にはあっていない。そんな時間はないので、ドライバーの飛距離を伸ばしたいのだ(笑)
という事で、しばらく独学で頑張ろう。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

アドレスで軸をビシッと決める。

大抵のゴルフ本に記載があるのは「アドレスでスウィングの成否は決まる」というもの。
前回記事と話は続くのだが、最近意識しているのはアドレスで立った際に、目とボールの間の距離を一定にする意識を持つ事。アドレスの段階からその意識を持っておかないと、いざテイクバックが始まるとバランスを崩しミスショットになってしまう。
最初からビシッと決めないといけない。
ゴルフは止まっているボールを打つのだから、ボールと目との距離は本当に大切。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

前傾維持ではなく、ボールと目の位置を維持

前傾維持を保ったとしても、ダウンスウィング以降で左サイドに突っ込めるし、頭の位置を変えることは出来てしまう。ゴルフスウィングの難しいところは、何か1つに集中してしまうと他が疎かになってしまうことだろう。
最近、ショットがまあまあ良い感じだが、それは「ボールと目の位置関係を維持(上下左右固定)」というキーワードを実践できつつあるかもしれない。
「ボールと目の位置関係」がずれてはいけないことは基本中の基本だ。それがずれると、スウィングプレーンが崩壊してしまうから。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

練習場で傾斜の練習

ラウンドと練習場での最大の違いは傾斜だろう。ティーショットですら一見フラットに見えるが傾斜はついている。
先日のラウンドではつま先下がりの傾斜からチョロを出してしまった。そのホールはトリプルボギーだ。
僕の場合傾斜に陥る原因は大抵ティーショットを左右に曲げた場合が多い。
ティーショットを曲げるのは仕方ない。プロでも曲げるのだから。2打目の処置をうまくやるかどうかでスコアに大きな差が出てくる。
というわけで練習場で、かかとにボールを踏んづけてつま先下がりの練習をしてみた。使用クラブは5鉄で短く持ち、耳の高さより高くヘッドを上げず、ボールと目の距離を一定に保ったまま打つといい感じ。2階からだけどキャリーで140yardくらい。まあ本番ではもっと弾道が低くなりキャリーは120yardくらいになるかな。この練習は継続していこう。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

甲状腺

昨日は朝から外来ぶっ通しで行い、そのまま甲状腺癌のオペに入り、当直し、現在バイト先に向かっているところ。
いまの施設では頭頸部癌をほぼ扱っていないため、本院から頭頸部外科の医師(耳鼻科医)に来て頂いている。
昨日は1年ぶりの甲状腺癌の手術。執刀医は准教授で、前立ち(第1助手)が僕だ。皮膚切開から皮弁挙上をし、甲状腺の層までは准教授の指示通りにさせてもらった。その先は僕のスキルでは進めないので准教授にして頂いた。
頭頸部癌のオペは、外科だ。耳鼻科医と聞けば一般人は「花粉症」の印象が強いと思うが、耳鼻科は外科なのだ。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

プロフィール

さすらい

Author:さすらい
アラフォーアベレージゴルファー。現在クラブハンデ20。まずは1つ1つ確実にハンデを減らしていきます。シングルを目指して試行錯誤を繰り返しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR