FC2ブログ

コントロールショットはゆるむことではない。しっかりインパクトも加速する。

いま練習およびラウンドで取り組んでいる事は、「その番手に合った距離を打つ事」である。このことにより、必要以上に振り回す事が防げていると思う。
ただ、注意しないといけない事は、緩んだスウィングをしてしまう事。特に僕の場合、身体の捻転が浅くなりチョロや引っ掛け等の致命的なミスが生じやすい。コントロールするからといって、緩んだスウィングをしてはいけないのだ。
これを防ぐためには、きちんとルーチンの段階で「ここまで腕をあげる」と決めておかないといけない。「ここまで身体の回転を回す」でもよいが、これだと腕の回転が疎かになってしまう(僕は不器用なため)。
身体だけ捻転してもだめだし、腕だけ回転してもいけない。身体と腕が同調(内藤プロ、井戸木プロの教え)しないとスウィングにならないのだ。要するにバランス!

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

七五三

娘が数えで3歳なので、2日前に七五三をした。
いつもお世話になっている呉服屋で嫁さんも娘も着物を作ってもらった。娘の着物は6万円、嫁のものは僕の母が買ってあげたもので、おそらく軽く10万は越えてそう・・・親に感謝!
地元の神社にお参りをして、予約してきた写真館で記念写真を撮影し、その後いつも行くリーガロイヤルホテルでうちの両親と嫁の両親をまじえて食事会。ここは流石に僕が全員の分を支払った。
途中、娘がトイレに行きたがったため着物を脱がすとめちゃ重い!よくこんな重いものをおとなしく着ていたなあ、と感動。
有意義な七五三だった。

テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

ドライバーを安定させるために

つい先日の田辺カントリークラブのラウンドで親父から「ドライバーを打つとき、すごい右肩下がりになっている。アドレスからおかしいし、インパクトでもしゃくりあげている。吹け上がりの球やし飛距離もかなり損しているし、そのスウィングはやめた方がよい」とアドバイスを頂いた。
全くその通りだと今更ながら思う。ドライバーばかり練習していたせいで、おかしくなっていたのだろう。
ドライバーは狙い所を決めてうつアプローチショットだ。なので毎回キャリー220yardを打てればよい。
そのためにはレベルスウィングでないと再現性は低い。結果的にボール位置の関係でアッパーになるだけで、あくまでもスウィングはレベルでないと再現性が低い。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

距離を決めてからアドレスに入る

昨日、自宅でのパター練習の際にも「この距離を転がす」と明確に意識してからアドレスをとり、それからボールを転がすようにするといい感じ。
何がいいかというと、明確にターゲットまでの距離を意識することにより、下半身をしっかり構えボールと目との距離を固定でき、軸がぶれずにパッティングができるのだ。(多分・・・)
ターゲットまでの距離を明確に意識すると、自然とテイクバックはゆっくりになる。これもメリット。ゴルフはボールを飛ばすスポーツではなく(ドラコンは別だが)、カップに1打でも少なく入れる競技なのだ。その意識がこれまで希薄だったんだろうな・・・口では言っていたが、徹底できていなかつた。だから練習場でもドライバーばかり振り回すし
、ショットばかり!これじゃあだめだ。
とにかく、ターゲットまでの距離を明確に意識し、その距離は番手によって決まっているのだから、振り回さなくてよいのだ。ドライバーは僕の場合「キャリー220yardを運ぶクラブ」なのだ。そのためにスウィングするのであって、飛ばせるだけ飛ばす意識ではミート率も下がりとんでもない場所へ打ち込んだりOBチョロダフりと大きなミスがでて大叩きにつながってしまう。ドライバーも落とし所に運ぶアプローチショットだ!

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

これから練習した日には練習場での球数と気付きを書いていこう

本日の夕練
total 84球
54度:40球
ドライバー:28球
6.7.8鉄 :10球
20度crossover:3球
23度crossover:3球

ドライバーはこれまでカチャカチャで9度から10.5度にしていたが、球の吹き上がりがひどくさらに無理やりあげようとしてインパクトで右肩下がりになっていると親父に指摘されたため、元の9度に戻した。また、スタンス幅の狭さも指摘されたため、「両足の内側が肩のライン」にスタンス幅を変更してみた。
ドライバーは220yardをキャリーで飛ばすクラブという意識で振ると初級からユピテルでキャリー220yard 。吹き上がりは抑えられている。
ただOB性のあたりもいくつかあった。これがラウンド出ると大叩きのもとなので、ナイスショットばかり喜んではいけない。
ドライバーは「220yardを打つクラブ」なのだ。アイアンとイメージは同じ。OB性のあたりになる場合
・ヘッドとティーの距離が離れすぎている。そのせいでボールを打ちにいってしまう。
・縮こまったスウィング。
・トップが決まっていない。トップの間が消えている。
・ルーチンできていない
・切り返し以降の左サイドへの体の突っ込み
・グリップをフルに握っている。

ドライバーは、OBやチョロ、次打がグリーンを狙えない事を避けないといけない。
大きなミスさえしなければ御の字なのだ。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

きちんと距離を意識して練習。

つい今しがた「10本」で練習に行ってきた。いい収穫を得たので記事にしておこう。
まず、90yard以内のアプローチは54度1本で行う事にした。これは親父が「80yard以内は58度1本だけや。内藤雄士がそうしろとゆうてた。」を真似させてもらった。親父はハンデ4でクラチャンも取ってるのでセミプロだ。親父の練習メニューは大体100球くらいでアプローチを30〜50球くらい。ドライバーは10球だけ。他はアイアンとかウッドらしい。これもそのまま真似させてもらう。
というわけで、今夜の練習はまず54度SWで3〜40球くらい。極端に短くもったり、振り幅を調整したり、1球毎に目標を変えて打ってみた。50度と45度はそれぞれ100yard、110yardのフルショットのみ。ちなみにこれも親父の受け売りだ(笑)
54度SWで30yard以内は少しスタンスをオープンに構えた方がヘッドを振り抜きやすい。
次に7.8.9鉄はそれぞれ4.5球ずつのみ。この3本は特に練習しなくても大きなミスはしない。ここでいう大きなミスとは、チョロ、ダフリ、OBのことだ。特に7鉄はトップしても150yardくらい前進できるので、気楽に打てる(笑)7鉄〜54度はグリーンを狙えるクラブだ。このグリーンを狙えると思うことが結構大事な気がする。グリーンを狙うということは、適正な距離を打てばいいので、ブンブン振り回さなくなる。
23度crossover、20度crossoverは意外にバラツキなく打てた。これも「飛ばすクラブ」ではなく、160〜170yardくらい、180〜190yardくらいを無理なく打ちたいクラブだ。こちらもグリップの真ん中あたりを持ったときと、いつも通りに振った時で飛距離を出してみた。大体、上に述べた飛距離を出せたので上出来だろう。
肝心のドライバーもシャフトの真ん中あたりを持って振ってみたが、これはイマイチだった。
ドライバーについては、スタンスを肩幅くらいにしっかりとり(下半身の安定)、トップはいけるところまでいける(トップが浅いと切り返しで手から降りてしまい、チョロ擦り球OBのリスクが高い)方が良い。そしてドライバーもあくまでも「狙う」クラブという強い意識を持つと、バランスよく振れるようになる。今日初めて「あのポールとポールの間に落とそう」「関西カントリーのあのホールのティーショットを意識しよう」と実践的に打ってみたが、これはなかなか効果がありそう。キャリーは210〜225yardくらい。抑えてこれだから、まだ伸びしろはある。ドライバーは「飛ばせるだけ飛ばす」クラブではないのだ。
クラブの本数を減らした事により、練習もより実戦に基づいたものになった気がする。
5鉄6鉄がないキャディバッグはなかなかアウトローだな(笑)

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

使用クラブは10本にした

いまラウンドで用いているクラブは、ドライバー、23度と20度crossover、5~9鉄、45度PW、50UW、54度SW、パターの12本だが、もっと本数を減らしたい。
キャリーでの飛距離の目安と使用目的は
ドライバー220yard前後・・・OB、チョロ、ダフリ、2打目で林の中は避けたい。
20度190~180yard 前回ラウンドで残り180yardをパーオンできたのはこのクラブのお陰。tee shotでも使える便利屋。
23度180yard~170yard
23度と5鉄はキャリーでは変わらない。23度の方が5鉄よりやや長いが、ラフでも使えるし構えた時のフィーリングも良い。5鉄はどうもイメージが悪いかなあ・・・顔がぼてっとしててなんだか使いにくいし、あまりラウンドで貢献してくれた記憶なし。外そう。

絶対外せないものは、ドライバー、54度、パターの3本。短い距離程大切なので、50度、45度(PW)は必要。7.8.9鉄は比較的理想の飛距離(150,140,130yard)を出せているしラウンドでもいい思い出が多い。。6鉄はキャリー160yard前後だが、コンスタントに160yardは出ないので抜こう。

ということでドライバー、23度crossover、20度crossover、7,8,9鉄、45度、50度、54度、パターの合計10本で練習とラウンドをしよう。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

全てのショットをアプローチ感覚で打つ

何が何でも毎回100を叩かなくなりたい。そのためにはある程度の飛距離と精度が必要。次打がまともに打てるところにあること、チョロやダフリをしないこと、悪くてもボギーオンを死守し悪くてもダボ以内に抑えたい。
井戸木プロはショットもアプローチ感覚だと言っている。井戸木プロの若い頃のスウィングを見たことがあるが、今と違ってかなりオーバースウィングでダイナミックだった。手首を怪我したとかで現在の落ち着いたスウィングに改造してそうだ。
ちょうど僕も怪我をしたしこれを機にコントロールに磨きをかけていこう。ゴルフはスコアが良ければ良いのだ。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

田辺カントリーの叩いたホールを振り返る

出だし1番パー5 463yard
ドライバーで左へ引っ掛けてフェアウェイバンカーへ。ここが顎が高いのに、残り距離200yard以上あるため8鉄(?)で打ち脱出したのみ。3打目はラフからで、左OBラインへまたもや引っ掛けて入れてしまう・・・この「ラフからの引っ掛け」は8月の高槻カントリーでもやらかしている。5打目で前進し、6打目で残り90yardのところを50度で打ちオーバー。結局9打でホールアウト。
ミスは
・ドライバーの大きな左への引っ掛け。
→左はOB、右は林の狭いパー5。練習で短く持ったり振り幅を小さくしたりして「飛距離よりコントロール重視」のショットを練習すべき。またはOBと感じたら20度crossoverに持ちかえる!ドライバーが全てではない!!

・顎が高いフェアウェイバンカーなのに、ウェッジで打たなかった。
→最低限の脱出はできたが、8鉄で土手にあたりほぼ前進できず。顎が高いと思った瞬間54度まで番手を下げよう。

・ラフからの引っ掛け
→左OBなのだから、引っ掛けは絶対してはダメだ。フェアウェイバンカーで1ペナみたいなものなのだから、無理してラフに絡みやすい番手を持つべきではない。

・残り90ヤードからの距離感。
→短いショットの練習不足。

僕のショット力はそこまで高くないが、ここ数ラウンドではハーフで45は切れている。ラウンドでのゲーム展開が馬鹿なだけだ(笑)
その辺を改善!!

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

怪我と向き合う

これまで腰痛でゴルフを中断したことはある。今回のように肘の怪我は初めてだ。
練習メニューに問題があったのだろう。100球で終わるといいながら、ドライバーでいい当たりが出ると「この当たりが出るスウィングを反復しておこう」となり、そこから30球連続で打ち続けたりしていた。6割がドライバーだ。その割には100を叩いているのだから困ったもんだ。
肘については整形外科医の友人に相談し、2週間の安静とサポーターをつけることを勧められた。ただ、パターは肘の回旋を使わないのでやってもいいとのこと。アプローチの短い距離とパターだけやっておこう。
怪我から復帰後は短い番手6割、残り4割は長い番手でめちゃめちゃ丁寧に打とう。すぐ1球を打つともったいないからな(笑)

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

さすらい

Author:さすらい
アラフォーアベレージゴルファー。現在クラブハンデ20。まずは1つ1つ確実にハンデを減らしていきます。シングルを目指して試行錯誤を繰り返しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR