FC2ブログ

練習しなくても打てるクラブが大切

自宅で54°を練習しているが、一向にミスが消えない。一方で50°はほとんど練習していないのにミスがでない。もうアプローチは50°とPWの2択にしよう。ミスする54度は練習なしで。

むだな練習をしてしまっている

当直明けに練習へ。ついついドライバーと5番ウッド、20度UTを多く打ってしまう。長いクラブは当たると気持ちいいけど、スコアをよくするには短いクラブが大切だ。長いクラブは何球も打ってると集中力が低下して雑になってしまう。練習を見直さんとなあ。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

滑らせるアプローチ

自宅アプ練ですらトップが散発するアプローチ。
サッとホウキではくような感じでヘッドを滑らせるといい感じだ。もしかすると、これまでかなり打ち込んでいたのかもしれない。滑らせる感じは、アイアンにも応用できそうだ。ドライバーにも!滑らせるイメージだと、入射角が穏やかになりミート率がアップしそうだなあ。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

トゥ側にボールを設定・右側でさばく・手であげない手首と肘であげる・ゆるゆる・フォローしっかり

タイトルがすべて大切な注意点!(笑)

数少ない同期

僕は1人入局のため、同期がいない。耳鼻科という科はそもそも毎年2人くらいしか入らない。3人も入れば上出来だ。
同期がいないと何が困るかというと、自分がどの程度の臨床力かわからないのだ。オペや外来をしても、比較となる基準がない。これは、けっこう辛いものだ。もう慣れたが・・・・。

ただし、他病院に予備校時代の知人がいる。1浪で僕より6つ下で、予備校の時はほとんど話したことがなかったが、研修医の時に共通の友人を通じてゴルフにいった仲だ。彼も同期がおらず、今回の専門医試験を受けるにあたり、一緒に勉強をすることになった。それが昨日だ。わからない問題を挙げていき、あーだこーだ議論をかわすのだが、たいてい同じところでつまづいている。これには少し安心した。彼と一緒に合格したいなあ。

核となる参考書

本番までもう1ヶ月を切った。あとはこれまでやってきた過去問と参考書を何度も復習することが大切だ。
専門医試験の過去問は販売しているが、おすすめ参考書というのがない。そこで僕は「今日の耳鼻咽喉科治療指針」という700ページ近い本をメインとして使用している。めちゃめちゃ内容が深いわけではないが、最低限を網羅してくれているのだ。同シリーズで他科のものもでていると思う。過去問を解いて、この本に載っていなければ論文を検索し、調べた知識を書き込んでいく。オリジナル参考書ができるわけだ。あと25日だが、この本を何度も読み込もみ、暗記しよう。

いい先生

最近、わかりやすいムンテラを心がけてるおかげか、初対面の患者に「先生、わかりやすい。いい先生ですね」と褒められた。あまりそんなことは言われたことがなく(それはそれで問題だが・・・)、素直に嬉しいものだ。
その患者さんの疾患は難治性なのだが、おそらくあまりはっきり説明してもらえなかったようだ。医者は難治性の疾患だろうがなんだろうが、きちんとメカニズムを理解して、わかりやすく「診断と治療」を説明できないといけない。

テーマ : 医療業界
ジャンル : 就職・お仕事

あと1ヶ月

ひたすらあやふやなところをノートにまとめている。最後は詰込みだ。

自宅アプ練

54°でパターマットの上で1mくらいの転がしの練習。ボールと目との距離を一定にし、左右対称のスイング。フォローを意識するといい。

ドラコンスイングは終了

スイングバランスがおかしくなり、他のクラブによくないのでやめた(笑)
プロフィール

さすらい

Author:さすらい
アラフォーアベレージゴルファー。現在クラブハンデ20。まずは1つ1つ確実にハンデを減らしていきます。シングルを目指して試行錯誤を繰り返しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR