FC2ブログ

腹筋を解かないショート〜3/4スウィングで戦える気がしてきた

ひぐけんプロが何度も口酸っぱくして述べている「腹筋を解かない」は本当に大切。


SWのショートスウィングは30yard前後のキャリー。



UWは35yardくらいのキャリーで40yardくらいの到達距離。



その後UWで「コック入れずの3/4ショット」を試みたが、連続トップ。9時3時より大きい振り幅ではきちんと右肘を畳んでコックした方がいいな。それで、55〜60yard。SWは50yardくらい。

PWのショートスウィングでキャリー40yardくららい。ラン入れて50yardいかないくらい。

PWのショートスウィングでのコックで60yardくらいキャリー。





ユーティリティ:

0mmティーアップは不安。

かといって10mmは煽る。

5mmで。

腹筋解かないを強く意識。



9鉄:

9時15時

ショートスウィング(ハーフスウィングのこと)でキャリー50



ドライバーが良かった!

とにかく、ひぐけんプロの教え通り「ドライバーはフェアウェイに置くこと」を強く意識。


ドライバーの振り幅はショートスウィングでコックありか、3/4でかなり良い方向性。この振り幅ならOB性のあたりが出る確率はかなり低いであろう。


とにかく常にひぐけんプロの言っていることを脳裏に浮かべながら練習すること、ラウンドすることだな。












テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

ここ最近の記事

ひぐけんプロばかりで、我ながら少し気持ち悪いなあ・・・笑

ただ、ファンなだけだ!笑

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

なぜこれほどまでにひぐけんプロにハマっているのか?

それは、ひぐけんプロがストイックだからだろう。

基礎練習やメンタル面、そして自身のツアー動画をあんなに上げているゴルフYouTuberは他にいるだろうか?いてたらすいません。

ストイックで真摯にゴルフに向き合い、ファンを大切にしている。

そこに自分は心を打たれた!


まだ会ったことないけど(笑)

推し活ってやつだな。


レッスン受けてみたいなあ・・・

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

頸を支点

ひぐけんプロがとある回で言っていたセリフ。
「なんでもいいから、例えば頸が支点で軸運動のイメージや、背中やおなかを意識して軸回転するイメージ・・・」
これを自宅練習中にふと思い出した
頸を支点にするといい感じ
びたっとボールまでの距離およびスウェーしない感じ
ひぐけんの一挙手一投足が重要!

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

ひぐけんプロの考え方に自分もなる

基礎練習の大切さ、ラウンドでの考え方などを徹底してひぐけんプロと同じ考え方になる。


練習メニューはショートスウィング、ハーフスウィング、スリークォーター、片手打ちがメインだ。


ラウンドでの考え方についての動画はまだあまり見れていないが、100切り・90切り・80切り練習メニュー動画でちらほら述べておられる。


とにかく、いまはひぐけんTVしか見ない。


ひぐけんプロがこのブログを見たら・・・たぶん気持ち悪がられるだろうなあ・・・笑

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

片手うち開始。ひぐけんプロの教え。

ひぐけんプロの教えにより、片手うちを開始した。
54度で自宅のソファーにざぶとんやら毛布を敷きつめて、そこに打つ。
最初の5,6球はまともにあたらないが、次第に慣れてくる
コツは、腕と体の同調だ。
腕だけでふると絶対に当たらない!右も左も同様だ。
片手うちの後にいつもの両手ハーフスイングをすると恐ろしいほど簡単!
毎日続けるぞ!

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

7鉄以下のハーフスウィングでどれくらい距離がでるか

7鉄〜54度でのハーフスウィングでどういった弾道・キャリー・ランを練習場で計測したいと思う。

ラウンドで使えそう!

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

ひぐけん効果

仕事が早く終えたので練習場へ。課題はインサイドアウト軌道で出球が右のドローをうつこと。

開始からしばらくドライバーで「ヘッドをボールからヘッド半個ほど離し・ボールの右下4時の方向から振り抜きハイフィニッシュ」イメージで打つもチョロっぽい当たりが続く。

ヘッドを離し過ぎていると思い、ほんの少しボールから離れた位置にして再びインサイドアウト軌道をイメージするが、なかなかうまくいかず。前回の練習ではうまくいったのに。

ひぐけんの動画を思い返すと、インサイドアウトで振り抜けとはひとことも言っていない。インサイドイン軌道を推奨していた。また、ドライバーはボールをコース内におくことが目標ということを思い出し、自宅練習でのハーフスイングのイメージで振るとこれがドンピシャ。後方からスマホで撮影した動画では、ハーフスイングのイメージでも十分トップの位置は高い。ハーフスイングでトップと思っても、そこから慣性でいい感じの位置にヘッドが収まるのであろう。

ひぐけんと心中だな。しばらくはドライバーの練習はハーフスイングのイメージで安定性を最重視していこう。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

ドライバーの出球を右にして、ドローにする練習。ハーフスイング良い感じ。

土曜日も仕事がある。午後から練習へ。
まずはハーフスイングから。大事な54度の1球目は成功。これは凄く自信がついた。キャリーで30yardだ。
27度UTと23.5度5鉄を打ち比べたが、UTの勝ちだ。5鉄は練習すらしないでおこう。
ティーショットの安定が課題なので、「一方向にしか曲がらない球」を習得すべく色々と試した。要するに出球を揃えればいいのだ。
ポイントは
・ヘッドはボールからヘッド半個分離れた位置におく。
・右足を半足分下げたクローズスタンス。
・頭はヘッドの上。
・インパクトはボールを4時方向からインサイドアウトに振りぬき、フィニッシュの位置が高くなるように。

注意すべきは、これだけドロー要素を入れ込んでも、ダウンスイング以降でボールに向かって突っ込んだりインパクトでのヘッドの動きがイメージできていないと見事に左に出球がいってしまうアウトサイドイン軌道になってしまうことだ。
この構えでも、結局はスイング軌道が大切ということだ。練習場では左への出球をゼロにしないといけない。

けっこう手ごたえのある練習であった。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

ボール赤道面と地面の間に、セットアップする(ひぐけんプロ)、ライの確認のためにボールと地面の間をしゃがんで確認する

今まで全く気付かなかったことがある。それは、ボールと地面との間に空間があるということだ。
ひぐけんプロの動画でそのことを知った。当たり前なのだが・・・
アイアンは少しヘッドを浮かして、上記タイトルのように「ボール赤道面と地面の間に」セットアップする。決して地面にべたっとヘッドをつけてはいけない。というのも、地面に押し付けてしまうことにより、スイング開始の際に「ヘッドを持ち上げようと」してしまうためにわずかながらでもスウェーのリスクが高まるからだ。
早速自宅ハーフスイングで試してみた。
まずはしっかりとボール赤道面と地面の間を確認するために何気なくしゃがんでみた。するとその空間をしっかりと肉眼でとらえることができ、インパクトのイメージを出すことができた。
この感覚を大切にしよう。
当分はひぐけんプロの信者だなあ・・・・

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

さすらい

Author:さすらい
アラフォーアベレージゴルファー。現在クラブハンデ20。まずは1つ1つ確実にハンデを減らしていきます。シングルを目指して試行錯誤を繰り返しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR