FC2ブログ

中井学「パットシングルになる」より引用。パッティングでもフィニッシュを決めることの大切さ。

「多くのアマチュアゴルファーは、ボールを打ったらすぐに上体が起きてしまいます。ストロークの結果を早く見ようとしてルックアップしたり、ボールを打ちにいこうとしてダウンスウィングで右肩が前に出たりするのが原因ですが、何よりもフィニッシュを決める意識が全くないところに、問題があるような気がしてなりません。


インパクトの直後に上体が起きるのは、アドレスの体勢が崩れてしまっていることを意味します。体勢が崩れだすのはインパクト後に見えても、実際はインパクトの直前から体勢の崩れが起きているのです。ストロークの軌道やフェースの向きのちょっとした誤差がミスパットを誘発します。


ドライバーやアイアンなどのショットにも同じことがいえます。ボールを打ってから上体が反り返って右足体重になる人や、上体が突っ込んだらする人は、フィニッシュでバランスよく立てていません。つねにフィニッシュをきれいに決めている人ほど、グッドショットの回数が多いのです。仮に打ち損じたとしても、取り返しのつかない大きなミスは少ないのてます。


フォロースルーでパターヘッドをここまで振り抜こうと考える必要はありませんが、ストロークの慣性によってパターヘッドが静止する位置まで、前傾姿勢をキープしてストロークすることを心掛けてみてください。フィニッシュを決めた後も、ボールがカップインするまで、もしくはカップの近くで止めるまで、その姿勢をキープしましょう。」


フィニッシュを取ることの大切さは何度も聞いたことあるが、実践してないなあ・・・


練習してみよう!

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

しょぼさん
いつもコメントありがとうございます。
やはりシングルさんはショートゲームで集中力がぐっとあがりますね。
フィニッシュもきっちりされてますね~

Re: No title

やきそばパンWさん
動画、見させて頂きました。
ストローク後にしっかりとボールが止まるまで見ておられますね。
パッティングへの集中力を感じます。
私は全くできていませんね。
真似してみます!

No title

ショットではすっとこどっこいのフィニッシュになってしまう私ですが、転がしパッティングではコンパクトなフィニッシュとしてますね。スパットを通したいからかな

No title

僕のブログの3週間前の記事(URL貼りました)に僕のパットしている動画が二つあります。
僕のパッティング自体はさほどお手本にはなりませんが、パッティング後にフィニッシュ位置で動かずにボールが止まるまでよく見ている様子が伺えると思います。ちょっと向こう側にいるので遠目でちっちゃいですが。
ラウンド中の動画で、練習パットとかではありませんので、普段ああいう感じでやっている様です。(次のパットのこと考えているんですよね。笑)
簡単ですので、やってみてください!

Re: No title

やきそばパンWさん
いつもコメントありがとうございます。
パットのみならずショットもフィニッシュを取る意識なんて微塵もありませんでした。
よくよく考えてみるとシングルさんたちはやはりビシッと締まったフィニッシュを取っている場面が多いように思います。

No title

PGAのPlayerはほぼみんなパッテングでフォロースルーは大きくとりませんですね。
そして我々はフィニッシュの位置で固まって、ボールが止まるまで転がりをよく観察するべきなんですよね。次のパットのために。
プロフィール

さすらい

Author:さすらい
アラフォーアベレージゴルファー。現在クラブハンデ20。まずは1つ1つ確実にハンデを減らしていきます。シングルを目指して試行錯誤を繰り返しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR