FC2ブログ

前傾浅めのパッティング

これまでショートパットはジャックニクラウスばりに前傾を深くしていた。
ボールまでの距離が短くなるし、しっかり打てる安心感があるからだ。

しかし自宅練習でも1mの距離をショートしたり右に出たりすることがある。
もしかすると、気負いすぎなのでは?と思い前傾をかなり浅くしてみた。
すると、カップを上から見下ろす形になり、「こんな短いパットは普通にうてばはいるだろう」という気持ちになりスムースにストロークできるようになった。まあ、本番で入る確率は半分入れば御の字と思うが、それでもパッテイングにおいて「気楽に入る感じがする」心構えになるのは大切なのではないだろうか?

しばらくは浅め前傾スタイルを続けよう。ダメならやめればいいだけ!

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

しょぼさん
いつもコメントありがとうございます。
私はパターを持つ長さはこれまで一定でした。
チョーキングシステム試してみます。

No title

チョーキング・システム(距離ごとにグリップする長さを変える)では、長く持つために大きく構えます。誰も勧めてないみたい?ですが、私はチョーキングこそ自然だと思っています。

やきそばパンWさん
いつもコメントありがとうございます。
高めの前傾、いいですね!
ロングパットは以前からいいなと思ってました。

No title

ロングパッドも背を高く構えた方が距離感が出しやすいですよ。

かわせみ!さん
いつもコメントありがとうございます。
左打ち!!は思いつきませんでした。
いまはあまり練習場に行けないので、ショートゲームの練習をがんばろうと思ってます。

No title

こんにちは。かわせみ!です。
パターは姿勢から握りまで色々と試せて、しかも無限大ぐらいの勢いで色々な打ち方が出来るので自分もクロスハンドやらクローグリップ、果ては、左打ちまで楽しめますよね。
自分も最近は自分的には前傾浅めで、ボールの位置が足先にすごく近い位置が好みです。
プロフィール

さすらい

Author:さすらい
アラフォーアベレージゴルファー。現在クラブハンデ20。まずは1つ1つ確実にハンデを減らしていきます。シングルを目指して試行錯誤を繰り返しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR