FC2ブログ

フェアウェイキープ、グリーンのどこかに乗せる、花道狙いの3択

ラウンドではいろんな事象が起こるので、全てを想定することは難しい。



ただ、これだけは守っておこうという軸を決めておけば対応できるのではないだろうか?



ティーショットはフェアウェイキープを死守、セカンドはグリーンのどこかに乗せるまたは花道狙いを軸にしようと思う。



先日のラウンドではドライバーがあまりにもバンバン当たるものだから、最終ホールで大きく左へフックした。




フェアウェイキープを死守なんて考えれなかった(笑)




セカンドについては、ライが非常に大切である。




傾斜があるとなかなかパーオンは難しくなってくる。




セカンドライからのパーオン率のデータを取っても良いかもしれない。



セカンドのライがつま先上がり・下りの場合はなかなかパーオンのイメージがわかない。



1度北六甲でつま先上がりの残り170yardからパーオンさせたが、この1回きりかもしれない。



つま先上がりの場合は、右へのすっぽ抜けが怖い。セカンドOBしやすい。



先日も残り90yardつま先上がりから9鉄で右すっぽ抜けOBをやらかした。



ドライバーの綺麗なドローをしっかり成功させたのに。


つま先下りも同様で、振り回すとチョロになる。


つま先上がり同様に大人しく花道に打っていくのが安全だろう。1番手あげておこう。



つま先上がり・下りの怖いところは、傾斜から脱出できないことであろう。


 


大人しくフェアウェイに戻すこが大切。



花道に向かって打つのなら、パーオン狙いよりも難易度はグッと低くなるだろう。



一方で左足上がり・下りはパーオンのイメージができるし、実際にそうできている場面がある。



この状況は積極的にパーオンを狙っていける。



もちろん番手調整は必要である。



色々と計画したが、それでも予期せぬことは起こるであろう。



とにかく、フェアウェイにボールを置いていく。



迷ったら、これだな。


テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

しょぼさん
いつもコメントありがとうございます。
なるほどーそういう原理なのですね!

ゴルフって、逆の思いが現実になりますよね・・・(笑)

次回、神主打法試してみます。

少し短めに持ってみます!

No title

<前上がり斜面>

桑田Pは、【ひっかけてしまえ~!】て教えてますね。私は、【神主打法】でひっかけてます(笑)

右にすっぽぬける逆玉は、重力でヘッドが下がり&&トウが斜面に触ってフェースが開いたまま、さきっぽに当たるかららしいです。

また、ヘビーラフで浮いている場合は、遠心力でヘッドが斜面に近づくぶんボールから離れて、達磨落としになる可能性もあります(最近2回やりました!)

かわせみ!さん
いつもコメントありがとうございます。
かわせみ!さんの腕前でも、つま先上がりは苦手だったのですね。

私は左に引っかけるよりも右すっぽ抜けで嫌な思い出が多いですね(笑)

手打ち、意識してみます!

No title

こんにちは。かわせみ!です。
つま先上りは自分も苦手です。
それでも、以前はFWに戻すだけだったショットが最近はグリーン周りに打てるまでになって来ました。
この辺りは、しっかり手打ちの感覚がないと難しいかもですね。
膝立て打ちやアームローテーションリストターンなどでイメージをつくるのも良いかと思います。
でも一番簡単なのはUTとかFWウッドとかのウッド系でコツンと前に進める感じが一番だと思います。
プロフィール

さすらい

Author:さすらい
アラフォーアベレージゴルファー。現在クラブハンデ20。まずは1つ1つ確実にハンデを減らしていきます。シングルを目指して試行錯誤を繰り返しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR