FC2ブログ

パットの距離感。ラウンドではいつもショートする

毎回、ラウンドではショートする。オーバーはほとんどない。

ある意味距離感ができている?かもしれないが、これだとパット数は減らない。

いつも歩測して、それからストロークを調整している。

例えば5歩の距離なら、いつもの5歩くらいのふり幅を少し強くしようといった具合だ。

でも、これでうまくいってないのだから改善しよう。


今朝の自宅パター練習でふと思いついた。

例えば5歩の距離なら、そこに2歩追加(上りの場合)して最初から7歩打つつもりでいいのでは?

試しにパターマットで3歩の距離を「カップの向こう側まで届かすために、3.5歩」の距離のストロークをすると、いい感じであった。

次回ラウンドで試してみよう。

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

しょぼさん
私はもう「夜勤」やら「オンコール」がないですから(^-^)

No title

お子さんと遊んであげるお父さんはいいですね。私は皆無だったので、いまだに家内にしつこく嫌味をいわれつづけてます。不思議なことに、孫と遊ぶのは非常に楽しいです(笑)

Re: No title

しょぼさん
こんばんは。
分かりました!言葉、いい方って大切ですよね(^^♪

Re: No title

しょぼさん
最近、読書できてません。
こどもとニンテンドースイッチのポケモンばかりしてます・・・笑

No title

>「意図的に増やせるのはパット数だけ」


・・違います。パッティングで・・

★意図的にできるのは、【パット数を増やす】ことだけ!★

です。

減らすことは出来ない、って意味ね。

No title

断捨離で、よんではポイです。まさにゴミの山を、燃えるゴミの日にちりつもで処分中・・・ゴルフ本、料理本、整体本、武術関係本、英語学習本、宗教本などが多いですね。本棚が開いたら、また懲りずに本を買うんでしょうな・・・・まさにDDM。

しょぼさん
いつもコメントありがとうございます 
風呂本は宝の山ですね!!

横からの方が確かに傾斜を分析しやすいですね。

しょぼさん 
チョーキング用のパターやEXPUTTなどで工夫されてますよね

自分はまだまだですね。

以前よりは自宅でパット練習をするようにはなりましたが・・・

しょぼさん
私はまだグリーンの硬さをディボット直しや足裏ではわかりませんね・・・

ただ意識はしていこうと思います

しょぼさん
「意図的に増やせるのはパット数だけ」
格言だと思います!

パットを減らそうと思うのではなく、増やさないと思うこと・・・

ダボを増やさないように、と似てますね。

やきそばパンWさん
いつもコメントありがとうございます。
ほんの少し、今までよりタッチを強めにするのがいいのかもと思ってます
そのために、半歩後ろからの歩測もやってみます。ありがとうございます!

No title

昨日読んだ風呂本にいいこと書いてあったので伝達します(笑)

人間は、縦の登り下りに対する感覚は鈍いが、横から見た傾きに対する感覚はするどいそうです。


まあ、目が左右についてるから当然ですわね。

だから、微妙な登り下りは、ラインの横から観察しろと書いてありました。

同じ距離でも、登りと下りではまったく必要なタッチが違いますわね。


風呂本はさほど役にたたないんですが、この情報はぴぴっ!と来ました。

No title

その日その日グリーンの速さの違いもありますので、ショート目はとりあえず気にしなくて良いと思います。
ぴったり目の距離感で打つ癖をつけておけば長い目で見てトータルのパット数は減るはずです。
半歩後ろからの歩測も試してみてくださいね!

No title

パット数を減らしたいのは分かりますが、なか減りませんよ。

ではでうするか?


パット数を無駄に増やさななければ良い。同じようだけど、なにかしがいがあるので違います。希望だけではパット数は減りません。
このSPを絶対に入れたい!と思えば入るわけでもありません、しょせん入るか否かは運の世界にすぎませんので。


★意図的にできるのは、【パット数を増やす】ことだけ!★

No title

チョーキングは、特別なパターをあつらえる必要があり、お勧めできません。

(正しいチョーキングのめもりデータをつくるまでの試行錯誤も時間かかります)

#私は、81H限定、特別な中尺パターの作成(同じものを2本作製)し、EXPUTTで毎日マイタッチの反復訓練をしていますが、これをやったから32パットを切れる保証もありません。

No title

正直、足裏け傾斜を感じるほど有能でないですけど、すくなくともGの固さは分かります。積極的なデボなおしも固さが分るので有効です。ただし、他プレーヤーの転がり方を観察するのを見落とすと損ですので手早くやります。

Re: No title

しょぼさん
基準が大切なんですね。

指測定、目測・・・2つとも自分はできません。

ただできた方がいいですよね。

足裏で感じる歩測は究極形ですね!

Re: No title

しょぼさん
しょぼさんは非常に工夫されていますね!
自分はどうしていこうかなあ・・・と悩みますね。

今思うのは右手の距離感を活かしたい、ということです。
チョーキングはそれに慣れてから試そうかなと思ってます。

Re: No title

しょぼさん
私は競技で結果を残したいので、先日のコンペではOKなしでプレーしました。
プレッシャーはありますが、それが楽しかったりします。

Re: No title

しょぼさん
いつもコメントありがとうございます。
Gにこそ集中力を投入した方がいいですよね!
だからこそグリーン周りまではミスが少ない70点のショットでいいと思ってます。

No title

いかに、どこからでも【ちょい怪しいOK】を貰えるようにするようになりたいものです。

No title

G上で集中力の半分を使えるように、Gにのせるまでは極力電池が減らないようにしたほうがいいでしょうね。私はまだまだやりきれてません。できるだけ持ち合わせたメンタルパワーの50%をG上で使いたい!。

No title

歩測したほうが有利です。が!、時間がない時は、指測距という方法を使います。もっと時間がない時のために、この冬徹底的に目測の練習をしています。

歩測は、レーザー距離計とほぼ誤差がないです。指測距は歩測とほぼ誤差がなく、目測は歩測と1~2歩の誤差があります。

くどくど書きましたが、ようするに基準があるということです。それは所属81Hの練習Gの平なライでの年間平均的な速さを反映させています。もっと早い日や、遅い日は、【自分の日じゃないな】と諦めますが、3~4H回る間に、マイタッチとの誤差を判定して、チョーキング目盛りに反映させます。

風や傾斜、グリーンの硬さなど、早さに影響するファクターは、当然考えなくてはいけません。そういのはGに上がる時にだいたい考えておき、時間が許せば歩測する時に足裏で感じ取るようにします。

No title

Wさん式が理想的ですけど、私には雲をつかむような不安を感じます。

マイタッチは、所属81Hの3コースの練習Gの年間平均的な速さの時、10歩のチョーキング位置でグリップしておいて(この位置は卵が先か鶏が先かですが)気持ちよく転がした時に、10.5歩転がるタッチのことです。これを基準としています。全て同じタッチで1Y~10Y、チョーキングだけで打ち分けられます。10Y超えると、刷毛塗りという第二のマイタッチを使わないとなりません。このタッチはフォローですっと押す感じです。この第二のマイタッチで10Y~30Yをチョーキングで打ち分けます。つまり2つのマイタッチで、1Y~30Y打ち分けられます。文字で書くと機械的に感じられますが、実際やってることは超単純でアナログです。

No title

僕はもっと単純です。グリーンが読めていれば、ですが上り下りとかアンジュレーション、速さ、芝目、など考慮して換算して計算した歩幅のストロークするだけです。
オーバーさせたいと思えば半歩後ろから歩測を始めたり。

しょぼさん
いつもコメントありがとうございます。

ボールの転がりをイメージする方法ありますよね。

こうして書いてみると私は全然お粗末な気がします笑

チョーキングはやはり練習グリーンに早く行って試した方が良さそうですね!

システム化されてる気がします、しょぼさんのチョーキングシステムは。

やはりシングルになるのにショートゲームが下手ではありえないので、この辺り強化したいですね。

しょぼさん
いつもコメントありがとうございます。
私はマイタッチ方式ではないんですよね。

その日の練習グリーンで、自分の中での3歩、5歩、10歩、15歩を打ってみて、大体の距離感になってます。

もしかするとそれでは距離感が出てないのかもしれません・・・



マイタッチとは、振り幅は関係なく力感なのでしょうか?

パッティングでチョーキングはしたことがないですが、今の自分のスコアアップに役立ちそうなので試してみます。

家のパターマットでも試せそうですね!

しょぼさん
いつもコメントありがとうございます。

かわせみ!さんからもコメント頂きましたが、しょぼさんもオーバーはされないのですね。

2人の上級者がそうされているのなら、それが良いと思います。

しょぼさんがLPで怪しいOKぽいパッティングをしてる姿、かわいいですね(笑)

かわせみ!さん
いつもコメントありがとうございます。
1ラウンドに2.3回ほどあと15〜30cmのパットが残ります。毎回ショートしてるのでそれが距離感といっちゃ距離感なのですが・・・

強めにうつ、などはせずに仮想距離をいつも通り打つ、をラウンドで試してみます!

No title

チョーキング使わない人は、ボールスピードで距離感を出すらしいですが、私から見れば【皆さんスゴイですね!】と思います。

私も昔、普通のパターでボールスピードでなんとかしようと思ってましたが、実際のGではLPや超LPを迎えて、頭が真っ白になり、闇雲に打つしかないじゃん?と思って悩みました。


今はパターの悩みはないです。というか、LPがSG全ての基準だと思ってます。

No title

たとえば7.5歩の時は、5歩と10歩の間くらいをグリップするわけです。単純!

チョーキングで当然ボールとの距離やラインの見え方、パターの振り重さが変化するので、嫌う人もいるようですが、そういう変化も含めてアナログなセンサーになると思っています。

No title

・マイタッチで10.5歩くらい転がるG速さの時(9.4Ftくらい)に、パターのグリップ位置(チョーキング)で1・2・3・5・10歩を同じタッチ(マイタッチ)で打っています。10歩超えると、刷毛塗りという、方法で(これもマイタッチがある)パターのグリップ位置の調整で10・15・20・30歩を打ち分けています。登り下りで歩数を±します。その日のグリーンがマイタッチに合わない日は、【今日は自分の日じゃないな】と諦めてます。一応、数H経過して、補正歩数を割り出してチョーキングに反映します。

チョーキングが使えるように、中尺に改造し、長いグリップを装着し、グリップの模様と歩数の対応をあらかじめ確認してあります。

自宅ではEXPUTTという機械のG速さをマイタッチと合致させてあります。

No title

私も、MPはジャストタッチ、LPは微妙にあやしいOKぽいST傾向(笑)です。SPは(とくに1歩以下は)、パチンと音を立てていきたいのですが、どうしてもラインを考えてしまって、ネロ~と垂れてSTします。SPで難しい横ラインは、WYLという技をやるのが楽しくて、半分くらい入ります!?

No title

こんにちは。かわせみ!です。
自分もジャストタッチ派なので大崩れはしませんが、パットが劇的に入る事もありません。
そんな感じなのでオーバー目へ打つを目指すものの、やはり返しのパットに自信がないと結局ショート目なパットになってしまいますね。
難しいラインからの50cmや30cmを外した経験などでなかなかショートパットで壁ドン、ピンドンのパットは打てませんね。
でも、それが自分のパットスタイルと割り切って日々パタ練に勤しんでおります。
プロフィール

さすらい

Author:さすらい
アラフォーアベレージゴルファー。現在クラブハンデ20。まずは1つ1つ確実にハンデを減らしていきます。シングルを目指して試行錯誤を繰り返しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR